パーフェクトワールド あらすじ 8話

パーフェクトワールド あらすじ 8話

2019年 春の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火9ドラマ 「パーフェクトワールド」です。

主演は、松坂桃李と山本美月

6月11日(火)は、8話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

パーフェクトワールド あらすじ 8話は、下記の内容となります。

長野・松本で地震が発生した。

つぐみ(山本美月)は実家に一人でいるはずの樹(松坂桃李)と連絡が取れず、心配で樹の家に行くが、彼の姿はない。

地震を知った洋貴(瀬戸康史)は葵(中村ゆり)と合流し、松本に向かう。

その頃、樹は別荘のモデルルームで建材の下敷きになり、動けずにいた。

葵から樹に命の危険があると聞いたつぐみは、彼がいると思われる場所へ懸命に走る。

以上が、パーフェクトワールド あらすじ 8話の紹介でした。

「パーフェクトワールド」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

松坂桃李さん 山本美月さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント