ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 最終回

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 最終回

2019年 春の連続ドラマ 木曜日のおススメは、二階堂ふみ&亀梨和也 主演 「ストロベリーナイト・サーガ」です。

物語は、二階堂ふみ&亀梨和也で「姫川玲子シリーズ」を再びドラマ化

6月20日(木)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

池袋周辺で裏社会の人間達が消える、通称‘ブルーマーダー’による連続殺人事件を巡り、玲子(二階堂ふみ)は鍵を握る元警察官の木野(要潤)を発見。

木野と銃撃戦を展開した勝俣(江口洋介)が、玲子と共に取り調べる中、木野の過去を知った玲子は、勝俣の言葉からあることに気付く。

一方、菊田(亀梨和也)が追う指名手配犯・岩渕(大下ヒロト)に木野との関連が浮上する。

以上が、ストロベリーナイト・サーガ あらすじ 最終回の紹介でした。

「ストロベリーナイト・サーガ」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

二階堂ふみさん&亀梨和也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント