ノーサイド・ゲーム あらすじ 1話

ノーサイド・ゲーム あらすじ 1話

大泉洋さん 主演 日曜劇場 「ノーサイド・ゲーム」

7月7日(日)は、1話目の放送となります。

物語は、池井戸潤の同名小説を原作に、中堅サラリーマンが、低迷するラグビー部とともに再起を懸けた戦いに挑む。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ノーサイド・ゲーム あらすじ 1話は、下記の内容となります。

大手自動車メーカー「トキワ自動車」の経営戦略室に勤務する君嶋(大泉洋)は幹部候補と目されていた。

しかし、常務で営業本部長の滝川(上川隆也)が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で東京・府中工場に総務部長として赴任することに。

君嶋がやるせない思いを胸に赴任先へ向かうと、自社ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャーを兼務するよう命じられる。

かつて強豪だったアストロズは、現在は成績不振にあえいでいた。

知識も経験もない君嶋に、チーム再建という重荷が課せられる。

以上が、ノーサイド・ゲーム あらすじ 1話の紹介でした。

「ノーサイド・ゲーム」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

大泉洋さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント