刑事7人 あらすじ 1話

刑事7人 あらすじ 1話

2019年7月開始の夏ドラマ 水曜日のおすすめは「刑事7人」です。

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派ぞろいの“最強の7人”が超凶悪犯罪に挑む!

7月10日(水)放送スタートです。

物語は、どんな幕開けとなるのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

刑事7人 あらすじ 1話は、下記の内容となります。

警視庁内で凶悪事件に対応する専従捜査班が発足。

班長・片桐(吉田鋼太郎)の下、刑事資料係と兼任で天樹(東山紀之)と拓海(白洲迅)、捜査一課の海老沢(田辺誠一)や環(倉科カナ)らが加わる。

直後の金曜日、刑事の大貫(金橋良樹)が金箔(きんぱく)で窒息死させられ、翌日にその知人・静香(平塚千瑛)が植木鉢をかぶった遺体で見つかる。

天樹は拓海の発言に着目し・・・。

刑事7人 あらすじ 1話の紹介でした。

刑事7人の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。
※ 初回放送は、初回拡大スペシャル よる9:00〜10:09までの拡大版となります。

東山紀之さん ファンの方は、どうぞ、お見逃しなく!!

この記事へのコメント