科捜研の女 あらすじ 9話

科捜研の女 あらすじ 9話

沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー

木曜ミステリー「科捜研の女」いよいよ第19シリーズへ!!

7月11日(木)は、9話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 9話は、下記に内容となります。

現実にはない‘京都ならではの音’が体験できる「ARサウンドスポット」を観光名所に設置している京都観光促進センターに、プロジェクトを中止しろとの脅迫メールが届く。

音声製作を委託された専門家・尾藤(村上新悟)も先月、失踪していた。

犯人が一条戻橋の機械に爆弾の在りかを聞けと伝えてきたため、マリコ(沢口靖子)らは職員の園崎(松田悟志)と現地へ急ぐ。

以上が、科捜研の女 あらすじ 9話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント