サイン あらすじ 1話

サイン あらすじ 1話

2019年 夏の連続ドラマ 木曜日のおススメは、大森南朋さんが
解剖医役で主演 木曜ドラマ「サイン─法医学者 柚木貴志の事件─」です。

物語は、法医学と絶対的権力が壮絶な戦いを繰り広げるサスペンス

7月11日(木)は、1話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

サイン あらすじ 1話は、下記の内容とないます。

ライブ会場の控室で人気歌手・北見(横山涼)の遺体が見つかり、国家機関「日本法医学研究院」の解剖医・柚木(大森南朋)が司法解剖を行うことに。

だが突然、担当が法医学教授の伊達(仲村トオル)に変更される。

元婚約者でもある警視庁捜査一課管理官・千聖(松雪泰子)を問い詰めた柚木は、不可解な圧力を察知。

新人解剖医の景(飯豊まりえ)を巻き込み、遺体を盗んで解剖する暴挙に出る。

以上が、サイン あらすじ 1話の紹介でした。

「サイン─法医学者 柚木貴志の事件─」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

大森南朋さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント