ボイス 110緊急指令室 あらすじ 2話

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 2話

2019年 夏の連続ドラマ 土曜日のおススメは、唐沢寿明&真木よう子が初共演!
土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」です。

7月20日(土)は、2話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 2話は、下記の内容となります。

樋口(唐沢寿明)はひかり(真木よう子)から、夏美(吉川愛)の監禁場所を特定した理由を聞き、あり得ないといら立つ。

一方、ひかりは被害者を迅速に救出するためのチーム「ECU」のメンバー招集の許可を、港東署長・田所(小市慢太郎)に取り付けた。

存続か否かは3カ月後に決定するという。

科捜研の落合(安井順平)、交番勤務の緒方(田村健太郎)、県警通訳センターの栞(石橋菜津美)を選出したひかりは、樋口を現場リーダーに指名。

樋口は再び相対したひかりに、その聴力と自分を選抜する理由について問いただす。

以上が、ボイス 110緊急指令室 あらすじ 2話の紹介でした。

土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

唐沢寿明さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント