サイン あらすじ 3話

サイン あらすじ 3話

2019年 夏の連続ドラマ 木曜日のおススメは、大森南朋さんが
解剖医役で主演 木曜ドラマ「サイン─法医学者 柚木貴志の事件─」です。

物語は、法医学と絶対的権力が壮絶な戦いを繰り広げるサスペンス

8月1日(木)は、3話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

サイン あらすじ 3話は、下記の内容とないます。

暴力団員の千葉(諫早幸作)がスナックで銃殺され、伊達(仲村トオル)の指示で副院長の橘(淵上泰史)がその解剖を担当。

組織対策四課の本郷(土屋佑壱)ら警察の捜査通りと結論づけるが、柚木(大森南朋)は解剖時間の短さを不審に思う。

事件に疑念を抱く千聖(松雪泰子)らは現場にいたという暴力団員・原(笠松将)から意外な話を聞く。

景(飯豊まりえ)はひそかに解剖データを手に入れ・・・。

以上が、サイン あらすじ 3話の紹介でした。

「サイン─法医学者 柚木貴志の事件─」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

大森南朋さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント