ノーサイド・ゲーム あらすじ 4話

ノーサイド・ゲーム あらすじ 4話

大泉洋さん 主演 日曜劇場 「ノーサイド・ゲーム」

8月4日(日)は、4話目の放送となります。

物語は、池井戸潤の同名小説を原作に、中堅サラリーマンが、低迷するラグビー部とともに再起を懸けた戦いに挑む。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ノーサイド・ゲーム あらすじ 4話は、下記の内容となります。

君嶋(大泉洋)は社会人ラグビーを周知させ「アストロズ」の集客につなげようと、出版社に企画を売り込む。

会社ではゴルフ場の商談が白紙になったのは佐々(林家たま平)が先方の青野(濱津隆之)を怒らせたせいと噂され、アストロズは肩身が狭い。

さらに選手層の薄さが響き浜畑(廣瀬俊朗)らに疲労が蓄積。

君嶋は入社志望の元選手・七尾(眞栄田郷敦)を勧誘する。

以上が、ノーサイド・ゲーム あらすじ 4話の紹介でした。

「ノーサイド・ゲーム」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

大泉洋さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント