リーガル・ハート あらすじ 3話

リーガル・ハート あらすじ 3話

反町隆史さん主演。中小企業を救う実在の弁護士がモデルの熱きヒューマンドラマ

ドラマBiz「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」8月5日(月)は、3話目の放送となります。

物語は、どんな展開を迎えるのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

リーガル・ハート あらすじ 3話は、下記の内容となります。

村越(反町隆史)の元に老舗呉服店社長・公介(須田邦裕)が依頼に。

急死した兄・裕介(岩本淳)の後を継ぎ社長に就任したが、資金繰りに窮しているという。

しかも、救いの神だと思っていた役員かつ株主の宅磨(徳重聡)に会社の利益を狙う‘乗っ取り屋’疑惑が浮上。

宅磨は公介の姉・愛子(堀内敬子)と結婚の約束をした上、裕介の保険金3億円をも奪おうと動いていた。

以上が、リーガル・ハート あらすじ 3話の紹介でした。

「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

反町隆史さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント