ボイス 110緊急指令室 あらすじ 5話

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 5話

2019年 夏の連続ドラマ 土曜日のおススメは、唐沢寿明&真木よう子が初共演!
土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」です。

8月10日(土)は、5話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

ひかり(真木よう子)は樋口(唐沢寿明)に、新田(森永悠希)を殺した犯人への協力者が強行犯係にいると伝える。

栞(石橋菜津美)が着任した緊急指令室に、6歳の歩(正垣湊都)から母親(ソニン)に腹を刺されたと通報が。

洗濯機の中に隠れた歩は養子になったばかりで、母親の名前も住所も分からない。

ひかりは景色を尋ねて団地を特定。

樋口らは管理人・荒木(諏訪太朗)を訪ねる。

以上が、ボイス 110緊急指令室 あらすじ 5話の紹介でした。

土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

唐沢寿明さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント