べしゃり暮らし あらすじ 3話

べしゃり暮らし あらすじ 3話

間宮祥太朗さん 主演 土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」

8月10日(土)は、3話目の放送となります。

原作は、「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」などで知られる森田まさのりさんの最新作。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

べしゃり暮らし あらすじ 3話は、下記の内容となります。

圭右(間宮祥太朗)と辻本(渡辺大知)の「きそばAT」は漫才日本一を決める「ニッポン漫才クラシック(NMC)」に挑むことに。

辻本は舞台をなめている圭右に不安を抱き、その様子を聞いた先輩芸人・金本(駿河太郎)はある予感を抱く。

予選当日、出場者がNMCならではの緊張感に包まれる中、圭右は1回戦は余裕で突破だと自信満々。

いつもの調子でしゃべりまくるが・・・。

以上が、べしゃり暮らし あらすじ 3話の紹介でした。

べしゃり暮らしの放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

間宮祥太朗さん ファンの方は、お楽しみに!!

この記事へのコメント