刑事7人 あらすじ 5話

刑事7人 あらすじ 5話

2019年7月開始の夏ドラマ 水曜日のおすすめは「刑事7人」です。

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派ぞろいの“最強の7人”が超凶悪犯罪に挑む!

8月14日(水)は、5話目の放送となります。

物語は、どんな展開となるのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

刑事7人 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

天樹(東山紀之)は思い出の飲食店で、工務店社長・宗片(大地康雄)が起こした立てこもり事件に巻き込まれる。

宗片は、娘・あけみ(夢宮加菜枝)が婚約者の圭太(湯川尚樹)に殺され、圭太も自殺したとされる事件の真犯人を捜すよう要求。

捜査を始めた環(倉科カナ)らは、担当刑事の真中(天宮良)やあけみが勤めていた養護施設の理事長・佐々岡(上杉祥三)らに話を聞く。

刑事7人 あらすじ 5話の紹介でした。

刑事7人の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

東山紀之さん ファンの方は、どうぞ、お見逃しなく!!

この記事へのコメント