偽装不倫 あらすじ 6話

偽装不倫 あらすじ 6話

2019年 夏の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「偽装不倫」です。

原作は、東村アキコさんの最新同名漫画です。

8月14日(水)は、6話目の放送となります

物語は、たった一つのうそから始まる本物の恋を描く、コメディータッチのラブストーリー。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

偽装不倫 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

丈(宮沢氷魚)が意識を失い、鐘子(杏)は救急車を呼ぶ。

病院で丈から貧血だと説明された鐘子は一安心。

灯里(MEGUMI)も駆け付け、医師の一之瀬(眞島秀和)が帰宅を許可した。

この騒動で、独身だと言いそびれた鐘子は電話をすることに。

葉子(仲間由紀恵)は「結婚記念日のリベンジ」だという賢治(谷原章介)との旅行を優先すべく、風太(瀬戸利樹)に試合には行けないと伝える。

以上が、偽装不倫 あらすじ 6話の紹介でした。

「偽装不倫」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

東村アキコさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント