ボイス 110緊急指令室 あらすじ 6話

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 6話

2019年 夏の連続ドラマ 土曜日のおススメは、唐沢寿明&真木よう子が初共演!
土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」です。

8月17日(土)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

襲撃され消息を絶つ樋口(唐沢寿明)。

ひかり(真木よう子)は強行犯係の力を借りて樋口を探す。

石川(増田貴久)は樋口の携帯を頼りに現場へ急行。

監禁された樋口は“カチカチと顎を鳴らす男”上杉と対面。

上杉は、部下に樋口の殺害を命じる。

田所(小市慢太郎)から勝手な捜査について勧告を受けたひかりは、樋口の襲撃についての被疑者の指名手配を求める。

そして沖原(木村祐一)は捜査の動向をある人物に報告していた。

以上が、ボイス 110緊急指令室 あらすじ 6話の紹介でした。

土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

唐沢寿明さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント