べしゃり暮らし あらすじ 4話

スポンサードリンク

べしゃり暮らし あらすじ 4話

間宮祥太朗さん 主演 土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」

8月17日(土)は、4話目の放送となります。

原作は、「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」などで知られる森田まさのりさんの最新作。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

べしゃり暮らし あらすじ 4話は、下記の内容となります。

圭右(間宮祥太朗)は、解散した漫才コンビ・ねずみ花火の根津(田中幸太朗)と姉・しのぶ(徳永えり)の交際を知る。

十年前、ねずみ花火が漫才の中で「きそば上妻」をいじったことで客が激減。

圭右の母は家計を支えるため働きづめになり、その結果亡くなった。

そんな過去があり、父・潔(寺島進)が交際を知ればただでは済まない。

姉の幸せを願う圭右は辻本(渡辺大知)らと2人を見張るが、そこに根津を探す謎の女性が現れて・・・!?

以上が、べしゃり暮らし あらすじ 4話の紹介でした。

べしゃり暮らしの放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

間宮祥太朗さん ファンの方は、お楽しみに!!
スポンサードリンク

この記事へのコメント