ノーサイド・ゲーム あらすじ 6話

ノーサイド・ゲーム あらすじ 6話

大泉洋さん 主演 日曜劇場 「ノーサイド・ゲーム」

8月18日(日)は、6話目の放送となります。

物語は、池井戸潤の同名小説を原作に、中堅サラリーマンが、低迷するラグビー部とともに再起を懸けた戦いに挑む。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ノーサイド・ゲーム あらすじ 6話は、下記の内容となります。

宿敵サイクロンズに惜しくも負け、優勝を逃したアストロズに本社からは厳しい声が。

「今年がラストチャンスだ」と悟った君嶋(大泉洋)は、赤字改善のため日本蹴球協会に改革案を提出するが、門前払いされてしまう。

一方柴門(大谷亮平)も再挑戦へ向けある男と対面する。

そんな中、君嶋に悲願の本社復帰のチャンスが・・・

腹をくくった君嶋は「GMとしての最後の仕事」に乗り出す。

アストロズを待っている涙の別れとは・・・!?

以上が、ノーサイド・ゲーム あらすじ 6話の紹介でした。

「ノーサイド・ゲーム」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

大泉洋さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント