リーガル・ハート あらすじ 5話

リーガル・ハート あらすじ 5話

反町隆史さん主演。中小企業を救う実在の弁護士がモデルの熱きヒューマンドラマ

ドラマBiz「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」8月19日(月)は、5話目の放送となります。

物語は、どんな展開を迎えるのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

リーガル・ハート あらすじ 5話は、下記の内容となります。

米倉正臣(橋爪功)が再建を担当していた、ホテル経営者で同級生・立木義徳(小野寺昭)が自殺したことを知り絶句する。

以前の連絡では、銀行が体のいい貸し剥がしを始めてきたとの相談を受け、立木と明日会う予定だったという。

村越誠一(反町隆史)らと立木家を訪れた米倉は、遺書を村越に見せる。

そこには銀行の厳しい条件変更の記録と、息子・健(和田正人)への思いが綴られていた。

亡き父の後を継ぐ事に戸惑う中、役員に・・・

以上が、リーガル・ハート あらすじ 5話の紹介でした。

「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

反町隆史さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント