偽装不倫 あらすじ 7話

偽装不倫 あらすじ 7話

2019年 夏の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「偽装不倫」です。

原作は、東村アキコさんの最新同名漫画です。

8月21日(水)は、7話目の放送となります

物語は、たった一つのうそから始まる本物の恋を描く、コメディータッチのラブストーリー。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

偽装不倫 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

丈(宮沢氷魚)に独身だと告げようとする鐘子(杏)に、葉子(仲間由紀恵)から電話が入る。

風太(瀬戸利樹)に付き添うため、賢治(谷原章介)に仕事と偽った葉子だが、うそがばれ、鐘子と一緒だと言ってしまったのだ。

鐘子と共に帰宅した葉子は、賢治に鐘子が想像もしていなかった説明をする。

一方、鐘子へのかなわぬ思いを募らせる丈は、一之瀬(眞島秀和)に苦しい胸の内を明かす。

以上が、偽装不倫 あらすじ 7話の紹介でした。

「偽装不倫」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

東村アキコさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント