科捜研の女 あらすじ 14話

科捜研の女 あらすじ 14話

沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー

木曜ミステリー「科捜研の女」いよいよ第19シリーズへ!!

8月22日(木)は、14話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 14話は、下記に内容となります。

元開業医の一郎(鶴田忍)が、自宅離れで殺害される。

一郎は家族に内緒で、自身の葬儀を生前予約していた。

マリコ(沢口靖子)は、その依頼先である神城葬儀社の峰子(中島ひろ子)に、‘墓場まで持っていきたい秘密’を遺族にも知られないようにしてくれるとの噂があると聞く。

そんな中、家政婦・佐奈(飯島順子)が、堅物で知られた一郎に愛人がいたと証言して・・・。

以上が、科捜研の女 あらすじ の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント