リーガル・ハート あらすじ 6話

リーガル・ハート あらすじ 6話

反町隆史さん主演。中小企業を救う実在の弁護士がモデルの熱きヒューマンドラマ

ドラマBiz「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」8月26日(月)は、6話目の放送となります。

物語は、どんな展開を迎えるのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

リーガル・ハート あらすじ 6話は、下記の内容となります。

老人介護施設を経営する早川(仙道敦子)が村越(反町隆史)に助けを求めてくる。

施設は入居者へのサービスに定評があるが、倒産寸前だった。

早川は資本増強のために役員決議の下で新株を発行。

だが、‘女帝’洋子(田島令子)ら創業家側に「乗っ取り」だと言われ、配当株の買い取りを要求されていた。

威圧された早川は、会社を保証人とし、合意書にサインしてしまう。

以上が、リーガル・ハート あらすじ 6話の紹介でした。

「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

反町隆史さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント