監察医 朝顔 あらすじ 8話

監察医 朝顔 あらすじ 8話

2019年7月開始の夏ドラマ 月曜日のおすすめは、上野樹里さん 主演 「監察医 朝顔」です。

9月2日(月)は、8話目の放送となります。

「のだめカンタービレ」以来約13年ぶりの月9主演を務める上野樹里さんに注目です。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

監察医 朝顔 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

朝顔(上野樹里)は、東北へ行ってから休みも取らず仕事に没頭する平(時任三郎)の様子が気に掛かる。

そんな中、自宅で亡くなった主婦・莉奈(小林由依)の解剖に当たった朝顔達。

だが、脳の一部の血管が細いこと以外は異常がなく、死因が分からない。莉奈の夫・達哉(渡辺翔太)は医療ミスを疑っていた。

一方、異動初日を迎えた桑原(風間俊介)は、神奈川県警捜査一課でベテランの神崎(市川右團次)と組むことになる。

以上が、監察医 朝顔 あらすじ 8話の紹介でした。

「監察医 朝顔」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

上野樹里さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント