べしゃり暮らし あらすじ 7話

べしゃり暮らし あらすじ 7話

間宮祥太朗さん 主演 土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」

9月7日(土)は、7話目の放送となります。

原作は、「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」などで知られる森田まさのりさんの最新作。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

べしゃり暮らし あらすじ 7話は、下記の内容となります。

高校を卒業し、父・潔(寺島進)との約束通り、1人暮らしを始めた圭右(間宮祥太朗)は、子安(矢本悠馬)がラジオ番組の有名な‘はがき職人’だと知ってネタづくりを頼んでいた。

その結果、子安も加えた3人でやりたいと考え、辻本(渡辺大知)も賛同する。

いよいよ養成所の授業が始まり、新トリオ「べしゃり暮らし」は講師の本爆(山口祥行)の前でネタ見せに挑戦する。

以上が、べしゃり暮らし あらすじ 7話の紹介でした。

べしゃり暮らしの放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

間宮祥太朗さん ファンの方は、お楽しみに!!

この記事へのコメント