ノーサイド・ゲーム あらすじ 9話

ノーサイド・ゲーム あらすじ 9話

大泉洋さん 主演 日曜劇場 「ノーサイド・ゲーム」

9月8日(日)は、9話目の放送となります。

物語は、池井戸潤の同名小説を原作に、中堅サラリーマンが、低迷するラグビー部とともに再起を懸けた戦いに挑む。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。




ノーサイド・ゲーム あらすじ 9話は、下記の内容となります。

滝川(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われる。

君嶋(大泉洋)はある資料を手に、経営戦略室長・脇坂(石川禅)の計らいで会議に臨席する。

アストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラーに入り、浜畑(廣瀬俊朗)が控えに。

だが、浜畑が控え組をまとめたおかげで、チーム全体の戦力が底上げされる。

一方、柴門(大谷亮平)は、七尾の弱点を発見する。

以上が、ノーサイド・ゲーム あらすじ 9話の紹介でした。

「ノーサイド・ゲーム」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

大泉洋さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント