ボイス 110緊急指令室 あらすじ 9話

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 9話

2019年 夏の連続ドラマ 土曜日のおススメは、唐沢寿明&真木よう子が初共演!
土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」です。

9月14日(土)は、9話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 9話は、下記の内容となります。

「本郷ホールディングス」が請け負う再開発地区の地下トンネル内で崩落事故が発生。

現場近くに出動していた樋口(唐沢寿明)と石川(増田貴久)はひかり(真木よう子)の誘導により、土砂の下敷きになった作業員の救出に当たる。

そこに同社代表・雫(伊勢谷友介)が現れ、樋口を挑発。樋口とひかりは、雫の過去を洗い直す一方で、‘内通者’が相手側に取り込まれた理由を探り始める。

以上が、ボイス 110緊急指令室 あらすじ 9話の紹介でした。

土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

唐沢寿明さんファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント