ノーサイド・ゲーム あらすじ 最終回

ノーサイド・ゲーム あらすじ 最終回

大泉洋さん 主演 日曜劇場 「ノーサイド・ゲーム」

9月15日(日)は、最終回の放送となります。

物語は、池井戸潤の同名小説を原作に、中堅サラリーマンが、低迷するラグビー部とともに再起を懸けた戦いに挑む。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。




ノーサイド・ゲーム あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

君嶋(大泉洋)達が集めた不正の証拠が決め手となり、滝川(上川隆也)が進めるカザマ商事買収の一件は破談となった。

ところが、本社役員の任を解かれ子会社への異動が内定した滝川に代わって常務に昇進した脇坂(石川禅)が、これまでの態度を一変させてラグビー部の廃止を公言した。

君嶋はかつての上司の裏切りに驚きながらも、アストロズを守るために奔走する。

一方、君嶋のGM就任2年目を迎えたアストロズは、リーグ戦開幕から順調に勝ち進み、最大のライバル・サイクロンズとの全勝対決に挑むことになる。

以上が、ノーサイド・ゲーム あらすじ 最終回の紹介でした。

「ノーサイド・ゲーム」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

大泉洋さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント