凪のお暇 あらすじ 最終回

凪のお暇 あらすじ 最終回

2019年 夏の連続ドラマ 金曜日のおススメは、黒木華さん 主演 金曜ドラマ「凪のお暇」です。

9月20日(金)は、最終回の放送となります。

物語は、どんな展開をむかえるのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

凪のお暇 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

慎二(高橋一生)とゴン(中村倫也)から思いを寄せられ戸惑うばかりの凪(黒木華)に、ママ(武田真治)は‘お暇(いとま)の出口’つまり1人で生きるのか誰かと生きるのか、この先を決める時が来たことを示唆。

石のブレスレットを外すことができるようになった龍子(市川実日子)、妹を訪ね50年ぶりの里帰りを果たした緑(三田佳子)ら、アパートの人々もそれぞれが次の一歩を踏み出そうとしていた。

そんな中、凪が幹事となり、スナックで住人達のカラオケパーティーが開催される。

慎二も参加したその席上、凪は思わぬ事実を知る。

以上が、凪のお暇 あらすじ 最終回の紹介でした。

金曜ドラマ「凪のお暇」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

黒木華さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント