ルパンの娘 あらすじ 最終回

ルパンの娘 あらすじ 最終回

2019年 夏の連続ドラマ 木曜日のおススメは、深田恭子&瀬戸康史 主演 「ルパンの娘」です。

物語は、泥棒一家と警察一家のラブコメディー

9月26日(木)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ルパンの娘 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

華(深田恭子)や尊(渡部篤郎)、マツ(どんぐり)ら‘Lの一族’が和馬(瀬戸康史)を連れ出そうと計画する一方、エミリ(岸井ゆきの)と巻(加藤諒)の祖父で元警視総監の英輔(浜田晃)が動き出す。

そして悦子(小沢真珠)が窮地に立たされ、和馬は元の場所に戻ることに。

やがて、指名手配中の一族の出現に世間が騒がしくなる中、華は渉(栗原類)から、和馬のピンチを教えられる。

以上が、ルパンの娘 あらすじ 最終回の紹介でした。

「ルパンの娘」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

深田恭子さん&瀬戸康史さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント