ドクターX あらすじ

ドクターX あらすじ

2019年 秋の連続ドラマ 木曜日のおススメは、米倉涼子さん 主演
木曜ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」です。

物語は、米倉涼子が演じる大門未知子が、一切の妥協を許さずに突き進む姿を描いた医療ドラマの第6シリーズ。

10月17日(木)放送スタートです。

今回はドラマのあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ドクターX あらすじは、下記の内容とないます。

令和の時代を迎え、医療界には権威世代と次世代のバランス、コンピューター、AIとの共存など多くの課題が押し寄せ、東帝大学病院はかつてない大赤字に見舞われていた。

そんな倒産寸前の病院に、“ハゲタカ”の異名を持つ企業再生のプロで投資家のニコラス丹下(市村正親)が現れる。

丹下の再生プランにより、東帝大学病院は経営再建の道を歩み始めるが、それは同時に、“医療の合理化”の下、リストラやコストカットを迫られることでもあった。

医療現場はビジネスが最優先となり、ますます政治と権力争いが激化する。

そんな新たな“白い巨塔”で、丹下に呼ばれてやって来た大門未知子(米倉涼子)は、またも孤高の戦いに挑むことになる。

以上が、ドクターX あらすじの紹介でした。

「ドクターX~外科医・大門未知子~」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

米倉涼子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント