同期のサクラ あらすじ 1話

同期のサクラ あらすじ 1話

2019年 秋の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「同期のサクラ」です。

主演は、高畑充希さん。

10月9日(水)は、1話目の放送となります。

物語は、 高畑充希が脚本家の遊川和彦とタッグを組むオリジナルドラマ。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

同期のサクラ あらすじ 1話は、下記の内容となります。

2009年、大手ゼネコン「花村建設」の入社式に、幼い頃から故郷・新潟の離島に「橋を架ける」ことが夢だった新入社員のサクラ(高畑充希)の姿があった。

式での突拍子もない言動で、人事部長・黒川(椎名桔平)や新人の世話役・すみれ(相武紗季)を慌てさせたサクラは、その後の新人研修で、事務職志望の百合(橋本愛)、野心家の葵(新田真剣佑)、応援団出身の菊夫(竜星涼)、設計士を目指す蓮太郎(岡山天音)と同じ班になる。

班のリーダーを任されたサクラは共同作業の「模型作り」に一切妥協を許さず、他の面々は振り回される。

以上が、同期のサクラ あらすじ 1話の紹介です。

「同期のサクラ」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

高畑充希さん ファンの方は、お楽しみください。

この記事へのコメント