時効警察はじめました キャスト

時効警察はじめました キャスト

2019年 秋の連続ドラマ 金曜日のおススメは、オダギリジョーさん主演 金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」です。

いよいよ、10月11日(金)放送スタートです。

物語の内容も気になりますが、ドラマの場合やはり気になるのは、キャスト陣です。

今回は、主なキャスト陣を調べてみました。

ドラマの参考にどうぞ!!

時効警察はじめました 主なキャスト陣は、下記の通りです。

オダギリジョー / 霧山修一朗 役
12年前、政府の派遣事業のメンバーに選ばれてアメリカのFBIに出向。
出世街道に乗るかと思いきや、帰国して再び総武署の時効管理課に配属される。
資料の中から目に留まった事件を個人的に調べるのが趣味。
あだ名が“ポツネン”というくらい地味だが、時効事件の捜査になるとにわかに手腕を発揮する。
天才的な観察力を持っているが、その才能を仕事に生かす気はない。

麻生久美子 / 三日月しずか 役
総武署の交通課課長補佐。
以前は霧山の恋人の座を狙っていたが、思いを伝えられないまま霧山は渡米し、寂しい日々を過ごしていた。
6年前に刑事課の刑事と結婚したものの、性格の不一致でほどなく離婚。
現在は一人暮らしをしている。
霧山から奪った婚姻届を今も大事に持っており、霧山が帰ってくることで心をザワつかせている。

吉岡里帆 / 彩雲真空 役
総武署・刑事課の新人刑事。
「ガンバリマス!」が口癖の熱血女子。
十文字に日々課せられる張り込みの練習や意味不明な指示も、とりあえず全力でこなしている。
十文字には「話がつまらない」と言われるが、小説からプロレスまで興味の対象は無秩序で膨大。
霧山が三日月と共に再開する時効事件の捜査に興味津々で、十文字の目を盗んでは時効管理課に入り浸り、時効捜査に首を突っ込む。

磯村勇斗 / 又来康知 役
総武署・鑑識課の若きエース。
諸沢の助手。霧山から頼まれる時効事件絡みの鑑識にも無料で協力する。時効管理課に所属する又来の息子。聡明で優秀なうえに、クールでミステリアスな理系男子。署の女性陣からも熱い視線を注がれているが、実は元ツッパリ。ほかにも意外な過去や趣味、見せていない違う顔がある。

豊原功補 / 十文字疾風 役
総武署・刑事課のエース。
捜査に懸ける情熱、トレンチコートへの執拗なこだわりなど、刑事として完璧かと思いきや、実は何も分かっていない。
無邪気に手柄を自慢したり、ギャグのセンスや言動のピントがずれていたりと、おちゃめで憎めないキャラクター。
最近は、新人刑事・彩雲の指導に使命感を見いだしている。
ナルシストな面があり、三浪したことが唯一のコンプレックス。
同期の霧山をライバル視している。

光石研 / 諸沢 役
総武署・鑑識課の鑑識官。
お金には細かい性格で、時効事件を捜査中の霧山から鑑識を頼まれるたびに、ちまちまと報酬を求める。
鑑定料も内容に応じて段階的に設定するなど、しっかり・ちゃっかりしている。
町で見かけた妙なものを写真撮影することが趣味。
その写真コレクションを霧山に小出しに見せては、自己満足に浸っている。

岩松了 / 熊本 役
総武署・時効管理課の課長。
主な仕事は時効事件のファイルに「時効」のはんこを押すこと。
妻と子ども2人がいる家長でもあり、公私ともに責任ある立場であるはずなのに、無責任で無秩序な性格。
思いつきによる行動や意味不明な発言が目立つが、いたって温和。
流行に影響されやすく、さまざまなものをコレクションするマニア体質が、霧山の捜査に貢献することもしばしばある。

以上が、時効警察はじめました キャストの紹介でした。

「時効警察はじめました」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

オダギリジョーさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント