時効警察はじめました あらすじ 2話

時効警察はじめました あらすじ 2話

オダギリジョーさん & 麻生久美子さん 共演 金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」

物語は、シュールな脱力系コメディーが12年ぶりに復活!

10月18日(金)は、2話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

時効警察はじめました あらすじ 2話は、下記の内容となります。

霧山(オダギリジョー)は、アイドル並みの人気を誇るミステリー作家・秋斗の家へ。

彼の父親が密室状態の書斎で殺された25年前の時効事件を調べることにしたのだ。

彩雲(吉岡里帆)と鑑識課の康知(磯村勇斗)は秋斗のファンで、彼らの同行に三日月(麻生久美子)は不満を抱く。

‘二つの刺し傷と三つの血だまり’が残された密室の謎に挑む霧山は、協力を申し出た秋斗の異変に気付く。

以上が、時効警察はじめました あらすじ 2話の紹介でした。

「時効警察はじめました」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週金曜 23:15~24:15 です。

オダギリジョーさん、麻生久美子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント