同期のサクラ あらすじ 3話

同期のサクラ あらすじ 3話

2019年 秋の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「同期のサクラ」です。

主演は、高畑充希さん。

10月23日(水)は、3話目の放送となります。

物語は、 高畑充希が脚本家の遊川和彦とタッグを組むオリジナルドラマ。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

同期のサクラ あらすじ 3話は、下記の内容となります。

2011年3月。

入社3年目を目前に、サクラ(高畑充希)は‘ミス広報部’と評判の同期・百合(橋本愛)から、クライアントの会社の専務(小木茂光)にしつこく食事に誘われているので、同席してくれと頼まれた。

サクラはレストランで百合が席を外した際、専務に‘百合の正直な気持ち’を伝えて、先方ばかりか、百合自身や広報部長の葦田(村田雄浩)も怒らせてしまう。

以上が、同期のサクラ あらすじ 3話の紹介です。

「同期のサクラ」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

高畑充希さん ファンの方は、お楽しみください。

この記事へのコメント