左ききのエレン あらすじ 3話

左ききのエレン あらすじ 3話

神尾楓珠と池田エライザがW主演!

ドラマイズム「左ききのエレン」 11月5日(火)は、3話目の放送となります。

物語は、本気でもがき葛藤する若者たちを描く青春群像劇!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

左ききのエレン あらすじ 3話は、下記の内容となります。

朝倉光一(神尾楓珠)は、“ギガカラチップス”CM企画の社内打ち合わせに出席することに。

そこには、ポテトやの担当営業・流川俊(吉村界人)をはじめ、普段は会議に顔を出さない営業部長・冬月慎太郎(阪田マサノブ)の姿もあり、何やらただならぬ雰囲気が漂っていた・・・。

一方、“描きたい”という衝動に駆られるものが見つからず、与えられた才能と宿命に苦しんでいた山岸エレン(池田エライザ)だが、高校時代にかつて光一が残した“あるメッセージ”を思い出し、彼女の中で再び絵に対する想いが溢れだそうとしていた・・・。  

以上が、左ききのエレン あらすじ 3話の紹介でした。

左ききのエレンの放送は、TBS系にて 毎週火曜 25:28~25:58 です。

神尾楓珠さん、池田エライザさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント