同期のサクラ あらすじ 5話

同期のサクラ あらすじ 5話

2019年 秋の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「同期のサクラ」です。

主演は、高畑充希さん。

11月6日(水)は、5話目の放送となります。

物語は、 高畑充希が脚本家の遊川和彦とタッグを組むオリジナルドラマ。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

同期のサクラ あらすじ 5話は、下記の内容となります。

人事部で5年目を迎えたサクラ(高畑充希)は、社内表彰を受けた葵(新田真剣佑)を祝おうと同期を集める。

しかし担当プロジェクトが国から急遽凍結され、問題を抱えていた葵は上から目線の言動で同期と溝を深めてしまう。

会社では高級官僚の父親のコネばかりあてにされ、家では落ちこぼれ扱いされ、実は強烈なコンプレックスを抱いていた葵。

そんな葵に手を差し伸べたサクラは、「俺と付き合わない?」と迫られて・・・!?

以上が、同期のサクラ あらすじ 5話の紹介です。

「同期のサクラ」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

高畑充希さん ファンの方は、お楽しみください。

この記事へのコメント