死役所 あらすじ 4話

死役所 あらすじ 4話

2019年 秋の深夜ドラマオススメは、ドラマホリック!「死役所」です。

物語は、あずみきしの大ベストセラー漫画を、「家政夫のミタゾノ」シリーズでの怪演も記憶に新しい松岡昌宏の主演で初映像化。

さて、ドラマは、原作を超えられるか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

死役所 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

シ村(松岡昌宏)が死刑になったのは自分の娘を殺したからだった。

衝撃の事実に驚愕する三樹ミチル(黒島結菜)に、シ村は冷静に、成仏の期限まであと1日と告げる。

条例にあるように“期間内に手続きしないと冥途の道を彷徨う”ことも。

ハヤシ(清原翔)もニシ川(松本まりか)もイシ間(でんでん)も、これまでまっとうに生きてきたミチルは「一刻も早く成仏すべきだ」と口々に言うが・・・。

悩むミチルの前を、女の子がふらつきながら歩いていた。

大けがを負って血まみれになった中学2年生の夏加(豊嶋花)だ。

シ村が交通事故死課へ案内すると、大きな事故があったようで課員は大忙しの様子。

代わりにシ村が申請書の手続きを始める。

まだ14歳の夏加が短い人生を終えたのは、最初で最後のデート中のことだった・・・。

以上が、死役所 あらすじ 4話の紹介でした。

ドラマホリック!「死役所」の放送は、テレビ東京系にて 毎週水曜 24:12~24:52 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント