ドクターX あらすじ 4話

ドクターX あらすじ 4話

2019年 秋の連続ドラマ 木曜日のおススメは、米倉涼子さん 主演
木曜ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」です。

物語は、米倉涼子が演じる大門未知子が、一切の妥協を許さずに突き進む姿を描いた医療ドラマの第6シリーズ。

11月7日(木)は、4話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ドクターX あらすじ 4話は、下記の内容とないます。

日本陸上界の短距離エース・四日市の膝に腫瘍が見つかり、潮(ユースケ・サンタマリア)らが対応に当たる。

一方、未知子(米倉涼子)は病院で知り合った潮の母・四糸乃が、潮により認知症と診断されたと知る。

そんな中、潮は四日市に人工知能(AI)の指示通りの手術を検討するが、選手生命が絶たれる事態に四日市は拒否。

すると、未知子は「AIは間違っているかも」と言い出す。

以上が、ドクターX あらすじ 4話の紹介でした。

「ドクターX~外科医・大門未知子~」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

米倉涼子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント