グランメゾン東京 あらすじ 4話

グランメゾン東京 あらすじ 4話

木村拓哉さん 主演 日曜劇場 「グランメゾン東京」

11月10日(日)は、4話目の放送となります。

物語は、挫折した男が再び夢に向かう、大人の青春物語。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

グランメゾン東京 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

世界的グルメ雑誌の編集長・リンダ(冨永愛)が「グランメゾン東京」のプレオープンに自分を呼んでほしいという。

申し出を受けた尾花(木村拓哉)達は、リンダがコース料理で大事にしているデザートの改良に乗り出すことに。

尾花は倫子(鈴木京香)、京野(沢村一樹)と共に、パリ時代の部下・祥平(玉森裕太)が料理長を務めるホテルを訪れ、パティシエの萌絵(吉谷彩子)を店に誘う。

以上が、グランメゾン東京 あらすじ 4話の紹介でした。

「グランメゾン東京」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

木村拓哉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント