シャーロック あらすじ 6話

シャーロック あらすじ 6話

2019年10月開始の秋ドラマ 月曜日のおすすめは「シャーロック」です。

フジテレビ系にて 10月7日(月)放送スタートしました。

月9初主演のディーン・フジオカさんと相棒役 岩田剛典さんのミステリーエンターテインメント

11月11日(月)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

シャーロック あらすじ 6話は、下記の内容となります。

高校生の綾香が家族に突然「ジュンちゃんを殺した」と話し、証言通り白骨遺体が見つかる。

しかし、遺体は死後20年以上が経過しており、綾香に犯行は不可能だ。マスコミが‘前世殺人’と騒ぐ中、獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は調査を開始。

綾香に話を聞き、彼女が男に追い掛けられたトラウマから、母親の勧めで大学病院の精神神経科に通っていることを知る。

以上が、シャーロック あらすじ 6話の紹介でした。

「シャーロック」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

ディーン・フジオカさん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント