ハル ~総合商社の女~ あらすじ 4話

ハル ~総合商社の女~ あらすじ 4話

中谷美紀さん 演じるシングルマザー 海原晴が大手総合商社で奮闘する爽快ヒューマンドラマ。

ドラマBiz「ハル ~総合商社の女~」11月11日(月)は、4話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハル ~総合商社の女~ あらすじ 4話は、下記の内容となります。

映画会社・スターバレーは2年前から完全子会社になり、五木商事から飯島(宮川一朗太)が社長に就任。

だが、和田(藤木直人)の後輩でスターバレー社員・若林(満島真之介)は、もうけ第一主義の飯島が就任して以来、ヒットの裏付けデータがないと企画が通らないという。

和田は、映画作りには感性も必要だと怒りをあらわにする。

晴(中谷美紀)は飯島に話を聞きに行く。

以上が、ハル ~総合商社の女~ あらすじ 4話の紹介でした。

「ハル ~総合商社の女~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

中谷美紀さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント