同期のサクラ あらすじ 6話

同期のサクラ あらすじ 6話

2019年 秋の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「同期のサクラ」です。

主演は、高畑充希さん。

11月13日(水)は、6話目の放送となります。

物語は、 高畑充希が脚本家の遊川和彦とタッグを組むオリジナルドラマ。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

同期のサクラ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

すみれ(相武紗季)は、社長・花村(西岡徳馬)と親しい有名評論家・椿を招いての「女性活躍推進セミナー」のリーダーを任される。

参加したサクラ(高畑充希)は、すみれが最近離婚し、8歳の娘・つくしと2人暮らしだと知る。

そんな中、打ち合わせに訪れた椿のマネジャー・米田が理不尽な条件を押し付けてきて、反発したサクラはプロジェクトから外される。

以上が、同期のサクラ あらすじ 6話の紹介です。

「同期のサクラ」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

高畑充希さん ファンの方は、お楽しみください。

この記事へのコメント