死役所 あらすじ 5話

死役所 あらすじ 5話

2019年 秋の深夜ドラマオススメは、ドラマホリック!「死役所」です。

物語は、あずみきしの大ベストセラー漫画を、「家政夫のミタゾノ」シリーズでの怪演も記憶に新しい松岡昌宏の主演で初映像化。

さて、ドラマは、原作を超えられるか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

死役所 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

ミチル(黒島結菜)の言葉で、ハヤシ(清原翔)は初めて「反省したい」と思う。

シ村(松岡昌宏)に「振り返ることから始めてみては」と言われたハヤシは殺人の経緯を打ち明ける。

始まりは高校2年生の時。

ハヤシは父・雄作(草野康太)と不仲だった。

祖父・清三(伊藤洋三郎)の葬儀後、雄作が吐き捨てた言葉はハヤシの出生の秘密。

姉・理花(土居志央梨)は彼に寄り添うが・・・。

以上が、死役所 あらすじ 5話の紹介でした。

ドラマホリック!「死役所」の放送は、テレビ東京系にて 毎週水曜 24:12~24:52 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント