4分間のマリーゴールド あらすじ 6話

4分間のマリーゴールド あらすじ 6話

2019年 秋の連続ドラマ 金曜日のおススメは、福士蒼汰さん 主演 金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」です。

11月15日(金)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

4分間のマリーゴールド あらすじ 6話は、下記の内容となります。

廉(桐谷健太)も藍(横浜流星)も自分にできることをしようと試行錯誤する中、みこと(福士蒼汰)から不意に告げられた言葉に驚く沙羅(菜々緒)は、どう応えたらいいのか思い悩む。

一方、みことの後輩・上田(伊藤あさひ)は心身共に疲弊し、異動を願い出るべきか考えていた。

そんなある日、非番の上田は男児が倒れる現場に遭遇。

駆け付けたみことは、過去のケースを思い出す。

以上が、4分間のマリーゴールド あらすじ 6話の紹介でした。

「4分間のマリーゴールド」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

福士蒼汰さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント