グランメゾン東京 あらすじ 5話

グランメゾン東京 あらすじ 5話

木村拓哉さん 主演 日曜劇場 「グランメゾン東京」

11月17日(日)は、5話目の放送となります。

物語は、挫折した男が再び夢に向かう、大人の青春物語。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

グランメゾン東京 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

リンダ(冨永愛)の記事により、パリで騒ぎを起こした尾花(木村拓哉)がいることが知れ渡り、店は窮地に。

祥平(玉森裕太)も尾花との関わりが原因で、ホテルを退職に追い込まれる。

倫子(鈴木京香)らはフレンチ料理人をやめて実家に帰るという祥平を店に誘うが、尾花はそれに反対。

一方で、余剰食材活用のためフードフェスへの参加を決めた尾花は、祥平に手伝いを命じる。

以上が、グランメゾン東京 あらすじ 5話の紹介でした。

「グランメゾン東京」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

木村拓哉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント