同期のサクラ あらすじ 7話

同期のサクラ あらすじ 7話

2019年 秋の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「同期のサクラ」です。

主演は、高畑充希さん。

11月20日(水)は、7話目の放送となります。

物語は、 高畑充希が脚本家の遊川和彦とタッグを組むオリジナルドラマ。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

同期のサクラ あらすじ 7話は、下記の内容となります。

入社7年目の2015年。

故郷で橋の工事が始まり、サクラ(高畑充希)は黒川(椎名桔平)と土木担当役員の桑原(丸山智己)から住民説明会に出るよう要請される。

地盤が想定より弱いものの基礎工事の基準は満たしていることをサクラの口から説明し、島の人々を安心させてほしいという。

帰郷したサクラは、同行した葵(新田真剣佑)ら同期4人を祖父・柊作(津嘉山正種)に会わせる。

以上が、同期のサクラ あらすじ 7話の紹介です。

「同期のサクラ」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

高畑充希さん ファンの方は、お楽しみください。

この記事へのコメント