グランメゾン東京 あらすじ 6話

グランメゾン東京 あらすじ 6話

木村拓哉さん 主演 日曜劇場 「グランメゾン東京」

11月24日(日)は、6話目の放送となります。

物語は、挫折した男が再び夢に向かう、大人の青春物語。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

グランメゾン東京 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

世界的に権威のある賞レースの一つ「トップレストラン50」の今年度の候補に「グランメゾン東京」が選ばれた。

尾花(木村拓哉)は、全力でランク入りを狙うと宣言した倫子(鈴木京香)に魚料理の変更を提案する。

同じく候補となった丹後(尾上菊之助)の店でも、魚料理のリニューアルが決定していた。

そんな中、江藤(手塚とおる)は尾花らの下で働く芹田(寛一郎)に接触を続ける。

以上が、グランメゾン東京 あらすじ 6話の紹介でした。

「グランメゾン東京」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

木村拓哉さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント