絶対零度 あらすじ 1話

絶対零度 あらすじ 1話

沢村一樹さん 主演「絶対零度」の続編が、いよいよ1月6日(月)放送スタートです。

横山裕、本田翼に新メンバーも迎えスケールアップ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

絶対零度 あらすじ 1話は、下記のないょうとなります。

大規模なテロが起きようとしている東京で、捜査に向かった未然犯罪捜査班(通称・ミハン)のメンバー・小田切(本田翼)と山内(横山裕)は、銃声がした現場へ駆け付ける。

捜索中の小田切は、女性の射殺体を前に、銃を手に立ち尽くすミハンのリーダー・井沢(沢村一樹)の姿を発見する。

数カ月前、井沢のチームはクルーズ船での密輸事件を阻止するために船に乗り込んでいた。

その頃、法務省の官僚・香坂(水野美紀)はミハンの法制化に動き出していた。

新人の吉岡(森永悠希)とハッカーの加賀美(柄本明)が新たにメンバーに加わる中、ミハンの統括責任者として現れた香坂は、井沢を危険人物だと言い放つ。

以上が、絶対零度 あらすじ 1話の紹介でした。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

沢村一樹さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント