知らなくていいコト あらすじ 1話

知らなくていいコト あらすじ 1話

冬の連続ドラマ水曜日のオススメは、 吉高由里子さん主演 「知らなくていいコト」です。

物語は、大石静脚本のお仕事系ヒューマンドラマ

1月8日(水)は、1話目の放送となります。

最新のあらすじをチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

知らなくていいコト あらすじ 1話は、下記の内容となります。

ケイト(吉高由里子)は、政治家や芸能人のスキャンダルを次々と暴く週刊誌のすご腕記者。

ある日、シングルマザーとしてケイトを育てた映画翻訳家の母親・杏南(秋吉久美子)が、くも膜下出血で急死する。

杏南は、ケイトの父親があるハリウッドスターだと言い残した。

ケイトの恋人で同じ編集部の春樹(重岡大毅)が、通夜の準備を手伝い、遺影は元恋人のカメラマン・尾高(柄本佑)が数年前に撮影したものを使用することに。

ケイトは、2人にそれぞれ、母親に告げられた父親の件を話す。

以上が、知らなくていいコト あらすじ 1話の紹介でした。

「知らなくていいコト」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

吉高由里子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント