病院の治しかた あらすじ 1話

病院の治しかた あらすじ 1話

実話をベースに小泉孝太郎主演でドラマ化。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」

1月20日(月)は、1話目の放送となります。

物語は、経営難の病院の復活を描く新しい医療ドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

病院の治しかた あらすじ 1話は、下記の内容となります。

大学准教授で医師の修平(小泉孝太郎)はカテーテル治療の研究に心血を注いでいる。

そこに実家の「有原総合病院」で名誉理事長を務める父・正太郎(大和田伸也)が脳梗塞で倒れたと連絡が。

駆け付けると、正太郎は既に昏睡(こんすい)状態だった。

看護部長・悦子(浅田美代子)の話では、6年前に修平の叔父・健次郎(光石研)が理事長院長を引き継いだ頃から経営は悪化していた。

以上が、病院の治しかた あらすじ 1話の紹介でした。

ドラマBiz「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

小泉孝太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント