テセウスの船 あらすじ 2話

テセウスの船 あらすじ 2話

竹内涼真が過去を変えるべく事件の謎に挑む!

「テセウスの船」1月26日(日)は、2話目の放送となります。

物語は、 “父と子の絆”を描く本格ミステリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

テセウスの船 あらすじ 2話は、下記の内容となります。

文吾(鈴木亮平)の無実を信じる心(竹内涼真)は事件を防ぐべく、現場となる「音臼小学校」の臨時教員に。

続いて、文吾と共に、数日後に死亡するはずの目が不自由な独居老人・田中(仲本工事)の家へ向かう。

そこには心を泥棒だと敵視する新聞配達員・長谷川(竜星涼)がいて、心に村から出て行けと言い放つ。

一方で心は、田中の家にあるノートに描かれた不気味な絵に気付く。

以上が、テセウスの船 あらすじ 2話の紹介でした。

「テセウスの船」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

竹内涼真さん ファンの方は、お見逃しなく!!

この記事へのコメント